新刊案内 (点字図書)

2017年7月現在

1.NDC 910 〈漱石の初恋〉を探して 

 荻原(おぎはら) 雄一「著」  3巻 (396) 
(内容)一枚の年賀状に始まった、漱石の初恋の人探し。「井上眼下の少女」とは誰か?漱石の初恋に辿り着くまでの迫真のドキュメント。

 

2.NDC 913 青い月の夜、もう一度彼女に恋をする 

 広瀬 未衣(みい)「著」  4巻(486) 
(内容)「ずっと君を未来で待っている」 運命の糸で結ばれた2人を描く、時空を超えた恋愛小説

 

3.NDC 913 あさき夢見し、月(つく)読(よ)み乙女
 糸森 環 3(436) 草野 延子
(内容)花神遊戯伝シリーズ、怒涛の第8弾!

 

4.NDC 913 恨み忘れじ 

 松村 比呂美「著」   3巻(394) 
(内容)理性で抑えようとしても身体のどこかが疼くような感覚とともに深まっていく憎しみ。表面上では異変を見せないまま身体の中で黒く広がっていく執念を凝視した心理ホラー6編

 

5.NDC 913 お後は笑顔がよろしいようで 

 永(なが)菜(な) 葉一(よういち)「著」  3巻(444) 
(内容)落語家「九条亭(くじょうてい)」の門下には、二人の弟子がいる。お調子者だが情に厚く、その愛嬌でうけをとる朱(あけ)雲(ぐも)と古典こそ至高と腕を磨く蒼(あお)雲(ぐも)。お悩み事には落語で応える!あたたかで泣ける落語家たちの人情噺、開幕

 

6.NDC 913 おかえりの神様 

 鈴森 丹子(あかね)「著」  3巻(434)
(内容)ただそばにいてくれる。そんな神様とのほっと優しい物語

913 昨日みた夢 宇江佐 真理 4(552) 蔵本 保孝
痛快江戸の人情、お仕事小説「口入れ屋おふく」シリーズ。単行本未収録短編「秋の朝顔」収録

 

7.NDC 913 運命(さだめ) 鬼役 二十 

 坂岡 真(しん)「著」  4巻(522) 
(内容)奥(おく)高家(こうけ)と大名のいざこざから始まった蔵人(くらんどの)介(すけ)への罠。人気シリーズ「鬼役」20作記念の大傑作長編

 

8.NDC 913 師 弟 

 岡本 さとる「著」   3巻(476) 
(内容)ひとすじに剣の道を貫く男を描く、味わい深きシリーズ「新剣客太平記」第二弾!

 

9.NDC 913 立花宗(たちばなむね)茂(しげ)
 八尋(やひろ) 舜(しゅん)右(すけ)「著」 6巻(838) 
(内容)「天下無双の勇士なり」と秀吉が絶賛した筑後柳川13万国の領主立花宗茂。その生涯は戦国乱世にあって、誠に誠実・清廉なものであった。現代人に人間の温もりをほのぼのと伝える力作である。

 

10.NDC 913 ぬり壁のむすめ

  霜島 けい「著」   3巻(392) 
(内容)笑いあり涙あり!痛快時代小説「九十九(つくも)字(じ)ふしぎ屋商い中」シリーズ第一弾!この世ならぬ者が見える少女がちょっと迷惑な父とともに、人助けならぬ亡者(もうじゃ)助けに奔走する!